【人生は心理学】10分間スクール

悩みは全て心理学で解決できる!

【グリーンの色彩心理学】〜インテリア編〜

f:id:yuu06090228:20200625170946j:plain

色彩心理学 インテリア デザイン

グリーンのコーディネートの際にお話ししましたが
緑は心身のバランスを保ち、リラックスできる色です🌿


その効果を活かし、落ち着きたい寝室書斎
くつろぎたいリビングに使用するのもオススメです。


特に寝室は、深いグリーンを使用することで
森の中にいるような、穏やかで安らぎある空間を演出できます。
自然を眺めている時のように、長時間見ていても疲れない
ストレスフリーな色ですので、壁一面やカーテンなど
広範囲に使用しても、まったく問題ありませんよ✨


さらに、暖色は暖かい、感触は寒いといった
色による温度感があるのですが、
緑は唯一温度を感じない有彩色。
そのため、他の色とのバランスも取りやすく
お部屋ではとっても使いやすい色なんです♬

 

 
もしも可能であるならば、やはり本物の植物の「緑」がオススメです。
手をかけてあげる必要があるので、面倒に感じるかもしれませんが
効果はもっと高く、素敵な空間となります!
お野菜やハーブなどを育てて、見た目にも節約にも使える
一石二鳥のインテリアを選ぶのも一つかもしれませんね✨

 


最近グリーンが気になるとか、求めていると感じる方は
すでに心がお疲れの方かもしれません。
ボーッと色を見つめるだけでも効果がありますので
嘘だと思って、お部屋にグリーンを使ってみてくださいね。